ロサンゼルスに着いたので、英語をしゃべってみようと思ったが!  怖くて喋れなかった。(?_?)

入国審査も終わり、いよいよアメリカロサンゼルスに入国。

KIMG0488

私は、「集中力」を強化するメンタルトレーニングをクライアントに提供している。

実は、私は英語は全く話せない。おそらく、話しかけても、相手が何を言っているかわからないと思う。

このような状況で、知らない外国人に話しかけるのは、かなりのプレッシャーがかかる。

プレッシャーがかかると、目的に対する集中力が低下し、ここでは、英語で何を話せばいいか?

相手が何を言っているのか?理解する能力が落ちて、コミュニケーションが取れない可能性が高い。

「今回は、私のロスでの経験を元に、全く英語が話せなくても、ある部分に集中することにより、

コミュニケーションに成功した例を話したいと思います。」

入国審査も終わり、いよいよアメリカ・ロサンゼルスに入国。

入国ゲートを出て友人の迎えが来るまで ”ワクワク” しながら待っている間、思い切って、

隣にいた外国人にどこから来たのかを聞いてみようと思った。

 

「英語が通じるだろうか?相手が言ったことが、うまく聞き取れるだろうか?」

 

どこから来たかを聞くだけなので、大丈夫だろう!

などと、色々と考えながらも、勇気を出して、話しかけてみた。

 

私:『Excues  me?』

Aさん:『Yes??』

私:『…あれ?Where? Come…』

Aさん:『What??』

私:『えーーー うーーー』

 

日本語だと、何も考えなくても自然と言葉がでてくるのに、


単語が出てこない? なぜ? 何を話せば良いの? うわあ…!」

何だか凄く不安になって来た。

これは全く会話に集中できていない??

もしかして「外国人コンプレックス?」

分からない事だらけだ!恥ずかしくなって。

 

『I’m sorry…』

 

こう言い放ってその場を逃げた。

『心が折れた!』

 

これが、私の最初の外国人との会話を試みた経験でした。

その後、友人が迎えに来てくれた。 「”ほっとした”」 ことを鮮明に覚えている。

さっきの話を詳しく聞いてもらった。

友人から、「英語が話せるか?通じるか?など考えるより、

何を話して、相手が何を言っているのかだけに集中した方がコミュニケーション取れるよ!」

言われて当たり前のことだと、気づいた!

外国で知らない外国人に喋りかけることが怖くて、相手の言葉やゼスチャーに集中できていなかったと思う。

「その人にどう私が映るのか? この人は何? 何が言いたいの?」

そんな事ばかり考えてしまうと怖くなっていたと思う。

「もしかして会話だけに集中すれば、コミュニケーションが取れるのでは?」と思い、

次の機会を探してみた。

 

ある日の午後、「1人でドキドキしながらパスタを食べにレストランに入った。」

メニューを見てもよく分からない、知ってる単語は少しある。考えても仕方がない。

よし、この前のリベンジで、思い切ってウェイターに聞いてみよう!

相手に通じるか?聞き取れるか?などは、考えずに「聞きたい事は何か?」

「話す英語は、何か?」「相手が何の単語を話しているのか?」など、今できることだけ
に集中して話しかけてみた。

私:『この料理は何ですか?』(英語で)

ウェイター:『…ミート…トマト、チーズ…』

よく分からないけど、知ってる単語はある。話に集中して、もう一度聞いてみた。

 

私:『もう一度お願いします。』

ウェイター:『ミートに  トマトと  チーズが のってる料理ですよ。』(ゆっつくりと優しく教えてくれた。)

 

少しずつだが理解できるようになったので、不安だが思い切って注文してみた。

思っているものに近いスパゲティーが来た!

”やったぞ通じた!!” 食べたらいっそう美味しく感じた。

普段、メンタルトレーニングで教えている、「今できることのみへの集中」が

英会話の場面でも大切だということが、理解できた。

よし、もう一度。

コーヒーを頼もうと思い今に集中して注文をした。

通じて、コーヒーが来た。持って来てくれたウェイトレスの人から話しかけられた。

ウェイトレス:『どこから来たの?』

私:『日本から来ました。』

続けて話しかけてくれることが、とても嬉しかった!

間違いながらもジェスチャーを交えて会話した。

 

「相手が笑ってくれるようになった。」

KIMG0412

 

今できることだけに集中することで、リスニングやスピーキングの能力がUPすることが、再確認できた。

外国における英語の下手な人が、何とか会話になるために、必要な『集中」する部分がどこなのかに気付くことができた。

「次の会話でも、今だけに集中して話してみようと思った。
集中力が上がれば、コミュニケーション能力も上がる。」