結果を出したければ、恥ずかしがらずにその道のプロに聞け!!

 

『話を聞きたくても今となっては、恥ずかしくて聞けないことってありますよね?』

 

私は、ボウリングの練習を本気で始めて8ヶ月が過ぎようとしています。

KIMG0608

先週、久しぶりにいつも指導を受けているメンバーで、練習会を行いました。

 

私のボウリングのマイボールもついに4個まで増え、スコアも順調に伸びては来ていたのですが。

(やり始めアベレージ(平均)135くらいが➡150くらいまでUP)

 

ここ2回の練習では130を切ることも多くスコアアップに悩み始めていました。

 

最近の私は、少しずつながらボウリングに対して自信が付いてきたので、

 

スコアダウンは、何よりショックでした。

 

メンタルトレーニングを始める前の私ならきっとこうだと思います。

 

 1、これだけ練習をしていて結果が出ないから、ボウリングはむいていないとあきらめる!

 

 2、一緒に練習をしている仲間にスコアが知られたくないので、一人で練習を続ける!

 

 3、持ってる道具が悪いからと、道具のせいにする!

 

しかし、メンタルトレーニングの「集中して考えること」を始めてから、今の私は違います。

 

まず、あきらめる前に一度落ち着いてスコアダウンの原因について、紙に書いて分析していきます。

 

 1、フォームにばらつきがあるため、ボールコントロールができていない。(フォームのばらつき。)

 

 2、一人で、目的意識のない練習をしている。

 

 3、何に集中してボウリングの練習をするべきなのか?

 


分析してみた結果、恥ずかしいけど・・・ボウリングの達人、S君に、勇気を出して、質問をしてみることにした。

 

その道の(仕事でも)達人であれば、新たな学びがあるはずだ。

 


私: 『どのくらい練習すればスコアアップしますか?』

 

S君: 『今、どれくらいの頻度で練習していますか?』

 

私: 『週2回ペースで1回5、6ゲームくらいとたまに投げ放題で10ゲームくらいですかね。』

 

S君: 『私がよく練習した時で、1週間ほぼ毎日6ゲームは転がしてましたね。』

 

私: 『1ヶ月では25日以上?』

 

S君: 『やりましたね、下手な頃は親指の皮がよくはがれて、出血してましたよ。』(笑)

 

私: 『練習代もばかになりませんね。』

 

S君: 『多い時で、月10万円近く掛かってましたかね。』

 

私: 『私なんて練習で使うのは7、8千円ですよ、練習したとは言えませんね。』

 

S君: 『そうですね、フォームの固定がある程度必要ですから、お金も掛かりますよね。』

 

私: 『多少のスコアアップはすぐできますが、継続は大変ですね。』

 

S君: 『ハイスコアの継続は”技術をしっかりと基礎から身に付けないと”

 

自分のものにはなりませよ。』

 

S君: 『それと大事なのが、他の人にフォームのチェックしてもらうことです。』

 

私: 『チェックですね、でも恥ずかしくて聞きずらいですよ。』

 

S君: 『だったら一人で練習するんですか?』

 

S君: 『時間と、お金が掛かりますよ。』

私: 『うん~!これからも色々と指導をおねがいします。』

 

「実力の違いは当たり前ですね。確かに練習量がすごい!」(自分の力量を知る)

 

やはり達人には達人の努力がある。

 

それに、達人は、簡単に説明をしてくれるので、とても分かりやすい。

 

これからも自分のボウリングの上達のために、その道の達人にアドバイスをもらおう。

 

ボウリングで言えば、

 

まず、今の練習量でもよいので、基本の姿勢づくりだけに集中していこう!

 

達人のおかげで、これからの目標が見えた!!


恥ずかしと思う心が成長のさまたげになる。

 

そうです。

 

人に話を聞こうとすると・・・

 

あれ、そんなことも知らないの?

 

なんだ、そんなこともできないんだ?

 

と思われたくないからと、ついつい聞きそびれてしまうことってありますよね?。

 

以前の私もありました。

 

それは、物事を行う姿をうまく見せたいから、

 

それは、知らないこと・できないことを恥ずかしいと思っているから。

 

「仕事でもそういうことは、ありませんか。」

 

分からないことをそのままにせず、聞く勇気を持つ自分に変化しましょう。

 

身近に必ずいますから、その道の達人が。

 

勇気をもって話してみましょう。聞いてみましょう。

 

メンタルトレーニングは、あなたの心の持ちようを変えます。

 

私とともに、やりたいことができるようになるメンタルトレーニングを学んでいきましょう!